クリスタの自動彩色とかいう超便利新機能を使ってみての感想

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

つい最近学校で友達と何気ない会話をしていたら、

友T君「クリップスタジオの新機能で自動で色を塗ってくれる機能がでるらしいで」

僕「!!??。そんな近未来時代ついにきちゃったか!!えらいこっちゃ!!」

となってクリスタのホームページで確認したところどうやら2018年12月1日に

自動彩色という機能が実装されるみたいです。そして実装された日に自動彩色という

機能を使ってみました。今回は自動彩色の使い方と使ってみてどんな感じになったの

かを紹介したいと思います。

 



 

クリスタ新機能、自動彩色とは?

 

深層学習を使ったAIによって自動で彩色してくれるそうです。

そしてこの自動彩色機能使うためには線画※ヒント画像が必要になります。

 

↑今回使った線画

 

 

※ヒント画像とは線画の上にパーツ別でメインカラーを示すこと。

この↑のヒント画像がなければそもそもどんな色を乗せたらいいのかAI君は分からないです。

 

 

自動彩色のやり方と自動彩色の具体的な使い方

 

自動彩色のやり方

 

1、線画レイヤーとヒントレイヤーを用意する

クリップスタジオの公式サイトでも線画とヒント画像を使うと表記されているので、

線画とヒント画像の2枚を用意しましょう。

もし手元に線画がないです。という方は僕の線画を使って一緒に練習してみてください。

注:ただし無断転載や自作発言は絶対に許さないので練習目的だけで使ってね♡

 

ヒント画像は↑画像のように顔は白(このキャラの肌が白なため)、服は青、髪は緑と

きめてちょろっと塗るだけで大丈夫です。ここの色はキャラによって変わりますので

自由に決めて大丈夫です。

 

 

 

2、線画レイヤーに参照を付けよう

参照って何ぞやと思うかもしれませんが簡単。

線画のレイヤーを選択した状態で灯台みたいなマークを押すだけです。

この参照をしないと自動彩色をやってくれません。

 

 

 

 

3、準備は整った・・・あとは自動彩色をしてもらうだけ・・・

ヒントのレイヤーを選択します。次に上のほうにある編集をクリッ

クし、自動彩色(先行プレビュー)→ヒント画像を使って彩色で

自動彩色してくれます。

 

 

 

結果こんな感じになります。最初これがでたときは僕の脳内でうおおおおお!!

ってなりました!これがAI君の力!!・・・ってねw

 

でも実際これで出力された彩色は使えるかと言われたらうーんってのが感想。

絵がとても上手い友人T君に関しては自分で塗ったほうが速いとのこと・・・

なので僕が試行錯誤して使えるレベルにまでもっていったやり方を教えます。

 

 

自動彩色の有効的な使い方

 

 

1、より高度な設定を使用します

この設定をするときはさきほどと同じように参照+ヒントレイヤーを

選択した状態で高度設定します。

 

 

2、数値が出てくるのでその数値をいじくって自分好みにする

高度な設定を選択すると次に↑のようなウィンドウが出てくるはずです。

そのウィンドウの下のほうに

・ぼかし強度・ぼかし精度・主線除去というのがでてくるはずです。

ここの数値を変えたりしていると自動彩色のほうにも変化が出ます。

この変化の具合をみて自分好みにしてみてください。

僕の好みの値は上から下にかけて1,7,5が良いと思いました。

 

ちなみにここでの3つ、ぼかし強度、ぼかし精度、主線除去の意味は言葉では

説明しにくいので実際に自分で触ってみたほうが速いと思います。

 

 

3.高度設定の自動彩色で出てきたレイヤーを複製する

僕なりの高度設定で出てきた自動彩色の結果が↑です。色が塗られてない

ところ=光の当たっているところで考えた場合光の当たり方が分かりやすいです。

さらに光の当たり方を分かりやすくするため自動彩色のレイヤーを複製します。

複製の仕方→自動彩色レイヤーを選択、キーボードを見てください、Ctrl+C&Ctrl+V

 

 

複製して出てきたのがこちら。ちょっと水彩っぽい塗りが好きです。

これでできた画像使ってあとは手動で塗りをしていけば塗りの工程の半分ぐらい

をAI君がやってくれているようなものなので残りの半分を手動で塗り込んだりし

いけばいいと思います。便利だと思いました。

 

最終的にできたイラストがこちら↓

 

【この段階まで塗った時に思ってたこと】

影となる部分をより色味の強い色ではっきりさせます。はっきりさせることに

よりぼんやりした絵にならなくて深い青や紫色を加えることにより青い服の影

をより一層青い服の影と分かりやすくなるでしょう。

 

逆に明るい部分は白に近い色などを加えるのと、このキャラは緑色の髪がある

ためその緑が反射することを考えます。反射することを考えるとところどころ

に緑味を加えると結構いい感じになっていきます。

 

 

まとめ

 

ついにAIよる自動で色を塗ってくれる時代がきちゃったのね・・・って感じです。

この自動彩色という機能を使うためには線画レイヤーとヒントレイヤーを用意

するだけで簡単に使うことができます。そして彩色してくれたやつは使い方次第で

全然使えるという感じというのが僕の感想です。この使い方をもうちょっと模索し

てみようと思います。

 

これから先の未来でこの自動色彩機能がもっと高性能高精度に進化し塗り方が、

水彩風とかアニメ塗り風とかギャルゲ塗り風とかができるようになったら色を塗ら

なくてもいい時代が来る可能性も?・・・・ただそれだと人それぞれ特徴的な塗り方

がなくなるので寂しいなと思いますね。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.