誰でも絵が上達する模写の練習方法4つのポイント

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

描く前に知ってほしいことが書いてある記事は→イラスト初心者が上達するために初めに考えることとやること

絵を描けるようになるためにほとんどの人が最初にやる練習方法は恐らく模写です。

今回は模写について詳しく解説していこうと思います。

 



 

模写をやる理由

 

学生時代の時の数学の授業を思い出してください。新しい公式を使った計算や難しい問題をやる前

に例題をやりませんでしたか?いきなり自力で問題を解くよりも例題を先に理解したほうが効率よく

頭に入りますよね。

 

模写は数学で言うところの例題に当てはまります。全く絵の知識がない人が想像だけで描けることは

まずありません。(特別な才がある人は別ですが) 

絵を描けるようになるということ=描けるようになるまで描き方の情報を知るです。

この情報を増やすための一つの方法が模写です。なので初心者の方は模写を通じて練習するのがとても

良い練習になります。

 

例えばめちゃくちゃ女の子が描くのが上手い人でも機械のような絵を描いたことがなければ、

その人は機械を描けません。その人が機械を描けるようになるためには、例題=模写などを通じて機械

の描き方を覚えていくんですよ。つまり絵が描ける人でも模写は必ずする! なので模写とか絶対しな

いという考えは捨ててください。

 

 

上達する4つのポイント

模写をする前にあたりを取りましょう

 

今回模写する絵はこちらにさせてもらいました。

※参照:東方project同人サークル「満腹神社」様

 

左の方にいる東方projectのキャラであるレミリア・スカーレット(かわいい)を模写します。

 

 

恐らく最初に言われることは感覚で描いていると紙からはみ出すからあたりを取りまーす!

あたりってなんですか?」ってなりますよね。

 

 

あたりというのはここからここまでがパーツ(顔とか体とか)というのを大体で決める範囲

のことです。具体的なあたりの取り方もここで解説します。

 

 

こんな感じで顔の大きさを決めて〇を描く=あたりを描くです。

 

今回レミリアスカーレットを模写するためのあたりは5つ取ります。

・顔・右の横髪・左の横髪・前髪含む頭・体

模写する対象の絵を見たときにこの5つのパーツが大きく描いてあるからあたりを取りました。

 

あたりは全て感覚で描くのではなく1つのあたりを感覚で描いてをそれを基準にほかの

あたりを描いてください。今回はわかりやすいように顔の大きさを1とします。模写する

レミリアスカーレットの絵を見てみると、それぞれの比率は大体上図のようになります。

 

 

1つパーツの角の点は他パーツを参考にしよう

 

あんまり上手くない模写だと明らかに形がおかしかったりすることなどがありますが、

それすなわち「髪の毛の大きさはこんぐらい・・・」みたいな感じで感覚で描いてたりしてる

のが原因でそうならないためにはある程度、線と線が交わっている角の場所が分かれば改善されます。

 

僕が模写した絵です。アナログで描いてカメラで取り込んだため線画がかすんでいるところ

がありますがごめんなさい。口を模写する際に僕が考えたことを解説してみようと思います。

 

 

水色の点さえ(口の角)わかってしまえば簡単に口が描けるので、角となる点から横や

縦に他パーツとぶつかる所まで線を引いてみました。

 

 

左の角は、縦軸は左目の右のほうにぶつかり 横軸は輪郭の滑らかになったところらへん

真ん中の角は、横軸は輪郭の真ん中ぐらい右横髪の真ん中ぐらい 縦軸はあごの真上

右の角は、・・・図ではこんな感じですが、正直真ん中の角よりほんの少し上  左の角より少し

下っていう考えで模写しました。

 

 

こんな感じで口だけでなく髪や目、体や帽子を描く際には

線と線が繋がっている部分=角の場所がほかのパーツに対してどこにあるか意識しながら

描くことですべて感覚で描くよりも形を崩さずに描きやすくなります。

 

 

この記事では口の模写の考え方を書きましたが、こちらの記事では目から顔の輪郭線を描く模写を

説明しています→絵が上達する 模写の描き方 あるコツを掴むだけで画力アップ!

 

パーツは平面的に捉えず立体的に捉えましょう

前髪の毛のパーツで例えます。

赤線の様に平面的に捉えちゃうとあまりよくありません。

なぜなら絵というのは3次元から2次元に変換している=立体をもとにしている。

2次元という平面の中で3次元を表現したいなら3次元の構造を理解していないとあまり

説得力のない絵ができやすいからです。「じゃあこの赤線の部分はどう捉えるんや?」

 

 

こんな感じになります・・・・ちょっと難しいかもしれませんが

赤線は髪の毛の横の流れです。青線は髪の毛の縦の流れです。一言でいうと面の流れにそって

線が描かれている。文字だとなかなか適切な表現が見つかりませんね(汗)この画像で

なんとくなくでもいいんでこんな感じで立体感を感じるんだなって思ってください。

 

 

正直この立体的に捉えるというのは初心者の方には結構難しいですが、

この立体的に捉えるというのはイラストを描く際ほとんど必要なので少しづつでもいいの

で立体的に捉える練習をしてみてください。自分の顔のへこんでいるところとへこんでいな

いところを触れてみて「これが立体感!!」というのをぜひ感じてほしいです。

 



 

バランスの崩れが知りたい時はどうすればいいのか

 

結論!→左右反転してください。

アナログで描いてる人は5分ごとに裏向けて光を当てて反転した絵を見てください。

デジタルで描いている人は5分ごとに反転機能を使って反転した絵を見てください。

 

 

ここで違和感を感じる部分=バランスが変ということです。

模写の元絵と模写しているを絵を見比べてちゃんと模写できているか確認してみましょう。

ちなみにこの左右反転はプロほど多様しているので今のうちに習慣化しているとたくさん上手になりますよ。

 

正しい模写というのはいかに考えながら描くか

 

間違った模写というのは

なん~~~~~~にも考えずにひたすら感覚だけで模写する。だけではまあ・・・時間の無駄です。

逆に正しい模写とは

 

 

考えながら描くつまり

・あたりをつけてこのあたりを基準に模写する。

・角の場所がどこにあるかを意識してできるだけ元と近い形を再現できるようにする。

・立体的に捉える

・左右反転をしっかり行い形に狂いはないかを客観的に見てるか

僕が考える正しい模写というのは上4つを意識した模写が正しい模写と考えています。

 

※この考えが絶対に正しいとは限りません。僕の意見、そして他の人の意見も積極的に取り入

れて自分なりに解釈して練習するようにするのをおすすめします。

 

形を意識した模写をするなら線画で終わり

 

今回僕の模写は影を塗っていません。形をとれるようになりたいから模写した!! とか

髪の毛を意識した模写だよ!! の場合ぼく個人の考えとしては線画で模写を終わっ

ていいと考えています。

 

 

線画以降は影を塗る=元絵がアニメ塗りのため=アニメ塗の練習になります。アニメ塗りが練習

したいなら影も模写しましょう。

 

模写のしすぎはよくない

 

模写が上手=絵が描けるではありません。模写というのは元絵(つまり見本)を自分

で書き写すことで実際の絵の描きかたを理解していくのでありその理解したことをオリジナル

イラストに適用させるのが目的です。

 

 

模写を極めすぎて模写だけ上手くなった場合あんまり意味がありません。模写しか描かない

(オリジナル絵を一生描かない)ならこの状態で問題ありません。でも絵が描けるようになりたいから

模写をするのが本来の目的の人が大多数のはずです。

 

 

上達するのを加速させたい人は・・・

 

模写を無事に完成させたら模写した絵を見て参考になりそうな部分を見つけてみましょう。

今回はレミリスカーレットの模写をした絵から参考になりそうな部分を探すと、

 

・髪の毛の癖毛の形・癖毛の時の髪の毛の横幅・目をつむった目の形

・シャンプーハットみたいなところについてるフリフリの形・帽子のたれ具合・体と頭の比率

 

 

たった1枚模写しただけでこんなにも参考になりそう部分を見つけることができました。

模写を完成させたという達成感だけで終わってたらもったいないので模写した絵から学

べるところ探してみてください。

 

まとめ

 

絵を上手くなるために模写というのは誰もが通る道だけど考えなしで模写をするのはとても

非効率です。しっかりとあたりをとりできるだけ元と近い形を描けるように努力し、立体的

に捉えるなどの考えをもって模写をすると効率的です。模写を終わったぜ! という感じで

終わるのではなくその模写から学んだことを自分の中に取り込んで自分のイラストに適用さ

せてたくさん描けるようになりましょう!!

 

ケイへのお問い合わせ

 

もっと模写について詳しく話を聞きたいとか質問などがあったり「とりあえずケイと話したい!」

って方はこちらからメールを送ってください!とりあえずケイに相談してみる

基本的に24時間以内に返信するので気軽に送ってくださいな。

最後までありがとうございました。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.