イラスト初心者でも簡単に描ける髪の描き方!

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

僕がイラスト描いてて楽しいなと思う部分の1つが髪です。僕もそうでしたが最初のころは髪の

描き方ってどう描くねん!!って感じでしたのでこの記事でできるだけ分かりやすく髪の描き方に

ついて解説して少しでも役に立てれば幸いです。

 



 

髪の毛はギザギザという情報だけではない

僕も最初のころよくやっていたのですが↑の画像の様に髪の毛をギザギザでしか捉えてない

人が多いですがこの認識はあまり正解ではありません。

 

ギザギザで描くことのデメリット

ギザギザだと図形の様に捉えてしまい髪の立体感をつかむことができないから

・髪のさらさら感がだせないから

・生え際を意識しにくいから

 

正直メリットはないです。慣れてくるとぶっちゃけこのやり方でも描けると思いますが

慣れてない人はやめるべき描き方だと個人的に思います。「じゃあ具体的にどういう風

に描けばいいのか?」

 

髪の毛の描き方

坊主を描いてつむじの点を決める

髪が生えていない坊主を描きます。なぜ坊主を描くかというと、現実の人間は頭皮から髪の毛が

生えてます。なので髪の毛を描くときには先に坊主を描いてからじゃないと違和感が出てきやす

いです。慣れてくると坊主を描かなくても描けるようになりますが慣れてない内は必ず坊主から

描きましょう。

 

 

↑の様につむじとなる点を決めます

「つむじの点てどこ?」

↓を参考に

 

 

頭の真ん中(生命線だっけ?)の部分に線をひきます。その線と坊主が交わった場所がつ

むじとなります。このつむじをこれから使います。なぜつむじの場所を決めたかというと、

つむじさえ描いとけばそれを基準に髪の毛は簡単に描けるからです。

 

 

つむじを基準に髪の毛を描いていく

 

前髪から描きます。

つむじをから髪が生えてるというのイメージしながら髪を描きます。どういうことかというと

 

 

青矢印ように頭の立体間を意識しながら線を引いてください。

 

 

↑の画像は間違った例です。どう違うかと言うと・・・

 

 

確かにつむじからの意識はありますが頭って平べったくないですよね?自分で

頭を触ってみてください。丸いでしょ?つまり丸みを帯びた頭の立体感をだすためには

 

 

↑の画像の赤矢印のように髪の流れが直線的ではなく、曲線的にならないといけません。

さらに髪の線を描くときに少し意識してほしいことが・・・

 

 

↑の画像を見てくださると分かりますが線幅を均一だといまいち髪の毛感がでません。

それに対して下にいく程細くなるように描くと髪の毛感が出せます。「どうやったら細

くなるように描くの?」勢いにまかせて「シャッ!シャッ!」って感じでやるといけます。

 

前髪の次は横髪を描きます。

 

つむじを中心に横髪を描いていきますこの横髪を描くときの流れを意識していきます。

 

 

 

赤矢印の様に流れを意識するとそれっぽくなるはずです。この時の大きさなのですが、

坊主の線をより一回り大きくしたぐらいがちょうどいい感じだと思います。

 

 

横髪の次は後ろ髪を描いていきます

 

つむじと髪の流れを意識します。

 

 

つむじから後ろ側に対して髪が伸びているのをイメージしてみましょう。自分の

後頭部を触りながら描いていくとより立体感を把握できるはずです。

 

 

こんな感じで髪が描けました。

 

まとめ

 

・ギザギザで髪の形を取るのは髪っぽさがでないし平面的だしおすすしない

・つむじの点を決めて髪の流れを意識することが大事

・流れを意識するときは自分で自分の頭を触ってみてその形から髪の流れを意識しましょう

・髪を描くときは勢いよくシャッ!と描いたほうがそれっぽくなる

 

最初はなかなか難しいと思いますがこの方法に慣れれば髪の毛のラフ画は(どんな髪型にする

か決まっていれば)2~5分程度で描けるようになります。僕もこのやり方で練習するように

なってから昔の絵と比べてみると「俺・・・上達したんやな」って思いましたw

 

正面顔の描き方についてはこちら→正面の顔の比率を取りながら簡単に描く

 

ぽよっぺへのお問い合わせ

 

もっと詳しく話を聞きたいとか質問などがある方はこちらから僕にメールを送ってください

とりあえずぽよっぺに相談してみる

 

疑問に思ったこと気づいたこととかこれをこうしたほうがいいよとかなんでも質問してくれて

大丈夫です。僕もまだまだ修行中ですので、神絵師と呼ばれるようになるまでコツコツがんばっ

ていきたいと思っています。なのでたくさんの意見を聞きたいと思っています。

ここまで見てくださりありがとうございます。



 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.