イラスト上達するために

初心者でも表情を簡単に描けるイラスト付きで分かりやすく説明!

2019/07/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

人間を描くならのっぺらぼう妖怪じゃない限り表情を描きますよね。

表情を描くためには顔の筋肉を簡単に理解してその理解を元に描き方を覚えると身に付きやすいです。

なので今回は表情を出すための筋肉の簡単な理解と、それぞれの感情に合った表情の描き方を説明し

ようと思います。

 



 

顔の表情を表す筋肉は4つある

 

赤色で塗ってあるところにある筋肉が表情を作るための筋肉です。

・眉毛まわりの筋肉

・閉じたり開けたりするまぶたの筋肉

・ほっぺ周りの筋肉

・口周りの筋肉

 

一度試しに自分で色々な表情を作ってみてください。この4つの筋肉が表情を作っていると

分かりますか?僕はキャラに表情を描く際は、させたい表情を自分でしてみて4つの筋肉が

どのように動いているかを実感してから表情を描いています。

 

顔の表情を描いていく

 

人間の感情の基本、喜怒哀楽の表情+おまけの表情で説明していきます。

できれば自分でも表情を作りながら練習してみてください。

 

喜(よろこびの表情)

 

やったあー!って感じの表情ですね。

・眉毛は喜んでいる感を出すために山なりにするとOK

・まぶたは閉じてにっこり目を山なりにしているのはほっぺたの筋肉です。

・喜びの時の口の形は逆台形の形が個人的に一番合っていると思います!

 

 

ちなみにこの時の目の描き方でちょっと意識してほしいことがあります・・・・

 

↑が正しいのですがまぶたは閉じても目の位置は変わりません。

閉じ目の絵でたまに、元の目の真ん中あたりに描いている人を見ますがそれはXです。

 

閉じにっこり目を描くときは閉じ目を描いてからそれを山なりに軽く曲げてあげると

違和感のない閉じにっこり目になります。

 

怒(怒った表情)

 

むっっていう感じの表情です。軽い感じの怒り表情です。

・眉毛は怒り感を出すために中心に向かって斜めにすればOK

・まぶたは半分あたりで止めてジト目にします

・ほっぺに変化はなし

・口は閉じた状態で山なりに曲げていますが開けた状態でしゃべらすのもOKです

ほっぺたに空気をためて膨らんだ状態にさせた怒りの表情もよくアニメで見ますので、

ほっぺたを膨らまさせるのもいいですね!

 

 

ジト目の簡単な描き方をご紹介・・・

ジト目を描くのはとっても簡単、普通の目からまぶたを半分ぐらいまで動かすだけで

完成です。このときまぶたは下がっていますが目自体は下がってないのでご注意を。

 

 

怒りの2つ目の表情です。

 

先ほどの軽い感じ怒りとはちがい本気のマジ怒りです。

・まゆげがまぶたにくっつくぐらいのところに描きます

まぶたは大きく開いて目玉を小さくすることによってより怒りっぽく

目玉を小さくする理由は人間は興奮すると瞳孔が小さくなるためをそれをイラストで

表現するために目玉を小さくしています。

・怒ってる=叫ぶとイメージして口を大きく開かせます。

 

哀(悲しみの表情)

 

悲しくて泣いている表情ですね。

・まゆげをハンモックみたいに下にしならせましょう

・目は閉じです

口をピーナッツの形に真ん中あたりに描き線を描き入れて歯を表現。歯を

噛みしめるぐらい悲しいというのを表現できます。

・鼻と目の間ぐらいに///////←これを入れることにより赤面した顔の表現をします。

 

 

この赤面は泣いているときとか照れてるときとか男子の着替えをたまたまみちゃった!

みたいなシチュエーションの時によく使われますね(笑)

 

楽(楽しい表情)

 

 

何かを楽しんでいるとき表情です

・眉毛は自然に

・まぶたやほっぺに特に変化はなし

・口は笑っている感じで

多分たくさんある表情の中でも簡単に描ける分類ですね。

 

 

驚きの表情

 

お!!??って感じの驚き表情です

・まゆげの位置は他の表情より少し高めに自然な形に描いてください

・目は見開くと!!??って感じが出ます

ゲキ怒り表情と違って目玉は小さくならないように気を付けてください!

・口は栗みたいな形が自然だと思います

 

苦手なものを見たとき、または恐ろしいものを見た時の表情

 

家に出てくる黒い例の虫を見た時の表情ですね。僕はこんな感じになります(笑)

・まゆげをしかめます

・まぶたを上にあげて驚いている表情に

・自分でこの表情をしてみると分かりますがほっぺたあたりの筋肉が少し上に

引きつられます。引きつられたほっぺとしわを描くことによりいい感じの

表情になります。

・口は、いーーーーー!ってしてる感じにすればOKです

 

暑い!汗だくの表情

 

サウナから出た後、もしくは夏場の運動してるときの表情ですかね。

・まゆげはしかめます

・まぶたはぱっちりさせるよりもジト目にしたほうがぐったりしてる感がでます

・口はOの形に開いて はー、はー、はーっていうのを表現しています

・筋肉以外の表現として汗と湯気を描きこむことによりほっかほっか状態がだせます!

 

まとめ

 

表情を描くときはさせたい表情を自分でやってみて4つの筋肉、

まゆげまわり、まぶた、ほっぺ、口の筋肉がどのように動いているかを確認してみてください。

この4つの筋肉を意識してたくさんのキャライラストの表情を見るようにしましょう。人によ

って表情の描き方があると思うのであなたが「この人の描くこの表情好き」って感じたものを

真似していけば画力がアップしていくと思います。

 

ケイへのお問い合わせ

 

もっと詳しく話を聞きたいとか質問などがある方はこちらから僕にメールを

送ってください

とりあえずケイに相談してみる

 

もしくはtwitterのほうで@okeki_of_touhoって検索してくだされば僕のアカウント

ポヨッペがでてきます。そちらのほうに相談してくださっても大丈夫です。最後まで

ブログを読んでくださりありがとうございました。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.