イラスト上達するために

イラストを描く人の悩み8選!考え方や対処法

2018/10/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

昔僕が抱いていた悩みを調べてみるとどうやら絵描き悩みあるあるみたいな感じでした。

なので僕がその悩みをどういう風に考えて対処したかを記事にしていきたいと思います。

 

思いつくかぎりで8個の悩みをお題にしていますが他にもあるかもしれません。

「俺の悩みねええぞ!!」っていう方はコメントなどで教えてください。

 

 

どうすれば上手くなるのかわからない

これに関しての結論を言いますとたくさん描くというのが結論になります

 

例えばあなたがツイッターで「この人の絵上手いなー!」と思い、

プロフィールを見てみると「仕事受け付けてます。」このプロフィールを見て

「あー納得した・・・道理で上手い訳だ」

「俺もこれぐらい上手になりたいなー」と思考したことあると思います。

 

 

ここで考えてほしいのがその絵がうまい人は今まで落書き下書きを含めて何枚描いているのか?

もしあなたが「100枚描いて満足!!1000枚描いて満足!!」では恐らくよっぽど才能が

ない限り全然足りません。ぼく個人の考えですが上手な人は何万単位、何十万単位レベルで描

いていると思います。

 

結論:上手くなるためにはひたすら描き続けていっぱい描くというのが上達する方法だと思います。

 

SNSでイラスト投稿しても反応なし

 

「この絵は絶対上手いみんなからのいっぱいいいねがもらえるはず!!!」

投稿して1日が経ち・・・いいねが0~1とか2

 

「あー鬱鬱」ありますあります.僕これ結構あります。正直これは絵の上手い下手だけじゃありません。

僕の友人に絵がかなり上手い人がいるのですが、この僕の友人が上手い絵をツイッターで投稿

してもいいねやRTを100とか1000とかもらってるのを見たことがないというか0~3いいね

ぐらいだったかな?じゃあいっぱい評価とかもらえてる人はなんで?

 

僕の考えた結果

1その人が色々な人にコミュニケーションを取りにいってるから(フォロワー数が多いなど)

2独り言アカウントじゃない(僕と僕の友人は独り言アカウントに近い)

3その評価の高い絵はどんな人が見ても心情を揺さぶられる絵(有名なアニメの感動のワン

シーンを描いたりなど)

4タグをつけて宣伝しているから

5たまたまフォロワー数の多い人気絵師にRTしてもらったから

 

 

1と2は関連性がありましてずっと永遠に独り言言っているだけでは誰もあなたに興味は示さ

ないのです。対処法としては 独り言<あなたの描いた絵、目安としては毎日絵を投稿するなど

にするとあなたのアカウントにはたくさんのあなたの投稿した絵が増えていきフォロワーさんにも

「おお!がんばっているな」とか「最初の頃よりもウマなってるやんけ」みたいな感じになり

きっといいねとかしてくれる人とか段々と増えていくと思います。

 

3に関してはもう絵に対してのスキルとかよっぽど高くない限り難しいと思います。対処法は

精進あるのみ

 

4、タグをつけているとそのタグで検索したときにフォロワーさん以外の人もあなたのツイート

を見れます。例えば絵の投稿に東方というタグをつけると東方と検索した人たちにその絵をみせ

ることができます。結果フォロワーさんだけじゃなく不特定多数の人達にあなたの絵を見せるこ

とができます。

 

5に関しては・・・・もうRTしてくれるかどうかなんてその人の気分次第なので運です・・・

 

 

※自分の絵にいいねとかRTしてくれた人にはもうたくさん感謝しましょう!!

1いいねでもその1いいねしてくれた人には僕はいつもPCの前で頭を下げてありがとうございます

っていつも脳内で感謝しています。

 

評価依存症

結論として評価数=あなたの実力じゃありません。

 

確かに上手な人は評価が高い=自分の評価数が低い=下手という考えはわかります。

でもですね、上手な人でも評価数がそこまで評価が高くない人はいっぱいいます。

 

評価というのは気にしすぎると病んじゃうので無心で投稿するぐらいちょうどいいと思います。

そうすると毎回常連でいいねとかしてくれる人がでてきます。

とてもとても嬉しいです。この人たちはあなたの絵を毎回いいねって評価してくれるんです。

 

僕はもうこれで心が満たされています。また描こうってなります。ですので評価数は気にせず

にひたすら無心で投稿していいねがもらった人には感謝するぐらいがちょうどいいです。

 

 

周りの人がうますぎて嫉妬する

嫉妬するのはわかります。ただよく考えてください。

 

あなたは100枚の絵を描いてたとします。その上手いと思ったその人はあなたの何倍もの絵を

描いています絶対

 

100枚絵を描いてたあなたが上手いと感じているんでしたらその上手い人はあなたよりも何倍

も描いています。もうこれは経験値の差です。嫉妬するのはしょうがないですがここで考え方を

変えてみてください。

 

へ~上手な人の目ってこんな描き方するんだ」、「髪の毛の線の表現の仕方すごいな」など

 

という風に自分に+になるような考え方をしてみてはどうでしょう?

 

上手な人ほど他人のスキルや知識を自分のものにしています。ここでもしプライド

が邪魔して「上手い人の絵なんか見てられない」と考えでしたらそれでも構いません。

ただし上達する速さがめちゃくちゃ遅くなるというのを頭に入れといてください。

 

今の練習方法で上手くなるのか不安

 

恐らく正しい練習方法なんてないと思います。

効率的な練習方法というのはありますが絶対にこれが正しい練習方法なんてありません。

ただ今あなたが行っている練習方法の中に描くという行為が含まれているのであれば、

練習方法などで多少効率などは違ったりするかもしれませんが絶対に上手くなると僕は考えています。

 

今書いてある絵はパクリなのでは?

似たよう絵なんかこの世にいっぱいあります!

 

こんなこと言いだしてたらキリがありません。

ドラゴ〇〇ールの主人公のご〇うと、ご〇うの父親として出てくるバー〇ックを見比べてみください

 

もう一緒じゃん!!僕はそう思いました。

「全然違うわ!!」というドラゴ〇〇ールガチファンさんにはごめんなさい。

 

対処法としては例えば制服を描いたとします。ありふれてますよね。

その制服の周りに手のひらサイズの太陽と月が回っている!!

もうこれでオリジナル性がでませんか?なかなかこんな制服は見たことがありません。

何かを付け足すこともしくは組み合わせることによってよりオリジナリティが出ますの

でたくさん考えて発想してお絵かきしましょう。

 

絵を描くのが苦痛

 

正直僕でも描いている最中にめんどくせえなって正直思う時があります。

そういう時は脳内をお絵かきモードから堕落モードに変えてみるのはどうしょうか?

具体的に言いますと、好きなゲームをしたり、ユーチューブやニコニコ動画で色々な

動画みたり

 

この堕落モードを1,2時間やった後にお絵かきモードに切り替えて描いてみてはどうでしょうか?

「そんなことやったらもう一生堕落モードから抜け出せず絵なんか描けないよ」という方

こんな考え方はどうですか?

 

 

堕落モードからちゃんとお絵かきモードに切り替えができてしっかり描いていれば1年後には

見違えるほど上達する。僕はこの考えを持つことによってしっかりと堕落モードからお絵かき

モードにすることができます。

 

「じゃあその堕落モードもいらないだろ!」という方おっしゃる通りなのですが、ぐだぐだ~

と描いて実質1時間描き続けての進捗が10分程度の内容でしたら、堕落モードを取り入れた

ほうがいいと感じます。

 

というか魅力的なイラストを描くためには色々な経験が必要です。この堕落モードで色々な経験を

得ましょう。例(重力の法則を見つけたアインシュタインはりんごが木から落ちるを見てこの法則を

見つけました。この時はアインシュタインは散歩という堕落モード中にこの法則をみつけました。)

魅力的なイラストを描くのもこれと一緒です。

 

なんでイラストを描いてるのかもうわかんない

 

絵を上手くなりたいことばかり考えて頭おかしくなっちゃったという方、深呼吸してください。

頭からっぽにしてください。絵を描くようになった初期のころを思い出してください。

なぜ絵を描くようになりましたか?

 

色々様々な理由があると思います。

・ちやほやされたい

・エロい絵を描きたい

・自分の嫁キャラを何も見ずに描けるようになりたい

・絵でお金がほしい

 

他にもたくさんの種類の描き始めとなった動機があると思います。

初心に帰りましょう!!描いているのがわかんなくなっちゃった方は恐らく色々な感情が頭に

飛び交いすぎてごっちゃになっているんだと思います。そこで初心に帰ることにより

自分の嫁キャラを何も見ずに描けるようになりたい」というのが理由なら好きなキャラを

模写してみたり、好きなキャラが出てくるアニメを見返してみたりなど。

 

平常心に戻すことにより大分気が楽になりますし、自分が本当にやりたかったことが分かり

に対する創作意欲もまた湧くのではないでしょうか?

今回は絵描きさんが悩みそうなことをまとめてそれらを僕なり考えや対処の仕方など書いてみました。

この記事が少しでもあなたの悩みを解決出来たり気持ちを楽に出来たのであればとても幸いです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.