初心者でもできる目の塗り方のメイキング講座【クリスタ】

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

キャラクターイラストを描くときに必ず描くのが目ですよね。要と言ってもいいぐらいです。

そんな目を塗るときってどういう風に塗ればいいのか分からないってなりません?

僕はなりました。

なので今回は僕がやっている塗り方を説明していきたいと思います。

※CLIP STUDIO PAINTを使った講座ですが、別のペイントソフトでも似たようなツールは

あるはずですので全く一緒のツールを使わないといけないわけではないです。

 



 

目の塗り方には正解はないです

 

まず最初に知ってほしいのはイラスト全般というか創作するというジャンルの中でこれが

正解というのはありません。

 

今回説明するのは目の塗り方なのですが他の人のメイキングを見てると様々な塗り方があります。

なので僕が今回説明するのが正解と思わずに、あくまで塗り方の1つということで考えてほしいです。

ただ目の塗り方が右も左も全く分からない内は僕のメイキングを見て参考にしてほしいです。

思い込みで描いたりするのは逆に画力アップの妨げになります。

 

 

目の塗り方

線画を用意する

 

 

今回はこちらの線画を使っていこうと思います。よければこの線画を使って練習してみください。

 

バケツツールで部位ごとに塗り分ける

 

バケツツールで塗り分けを行います。ちなみにこのイラストの目だけ塗る段階では各パーツごとに塗り分ける

理由はないのですがなんとなくです・・・はい。

 

目のイメージカラーをバケツで塗る

 

 

僕の個人的な感覚なのですが緑がメインカラーで行くなら目は青色にしたいと思うので青にします。

 

ベースカラーを元に上と下を色分けする

 

 

新規レイヤーを作り目の真ん中から上下に色を分けます。この時の上下の色はベースカラーから色相環

を少し離れたところの色を選ぶと良いと思います。

なぜここで上下に色を分けるかですが、上から光が当たってるイラストの場合上から下にかけて明るい色になるからです。

だから最初らへんのこの段階で僕は目のイメージカラーの色から少し離れた色相環の色で上下に塗り分けてます。

まあでも人によって塗り方は違うので悪魔で参考に。

 

 

 

そしてそれと同時エアブラシで真ん中に黒目を入れるようにしましょう。

 

 

上下に分けた色を混ぜる

 

 

緑と深い青がきっぱり分かれているのでなじませたいです。なので色混ぜツールを使って↑画像のように

なじませましょう。この時黒目は一緒になじませないようにしてください。

 

加算レイヤーを使い中心を明るくする

 

 

新しくレイヤーを作りレイヤーモードを加算にしてください。そして目の中心に白をエアブラシの柔らかで塗り足

してなじませてください。

 

 

乗算レイヤーで目の端を少し濃くする

 

 

新しくレイヤーを作りレイヤーモードを乗算にしてください。そして目の端の色味が濃くなるように

エアブラシの柔らかで塗り足しましょう。端の色味を濃くする理由は目は球体だからです。球体なため影はできます。

その影となる部分に色味を濃くするわけです。

 

白目ふくめて影を入れる

 

 

新しくレイヤーを作りレイヤーモードを乗算にしてください。目と白目を含めて上のほうにペンなどを使い影

を入れましょう。この時灰色などで影を塗ると汚い印象になります。なので青色などを使って影を表現します。

これによって灰色で影を塗った時よりも見栄えが良くなります。

 

 

ハイライトを入れる

 

 

新しくレイヤーを作りレイヤーモードを加算(発行)にしてください。緑色の箇所に水多め筆で白色の

ハイライトを塗りこみます。この時点でそこそこいい感じになってきましたがまだもうちょい塗り込みます。

 

より良く目を塗るために

 

 

新しくレイヤーを作り↑の画像のようにピンクを水多め筆で塗り込んでください。そして黒目の右上のところに

白とピンクを混ぜたハイライトを作ってください。この時中心は避けます。

そしてこのピンクで塗り込んだーレイヤーをオーバーレイモードにすると・・・

 

 

こんな感じにピンクが良い感じに加わり目のクヲリティーを上げることができました。

 

 

 

新規レイヤーを作り黒目の下部分にほんのちょっとだけピンクを描きこみます。さらにハイライトにちょっと

だけピンクを描きこみます。

 

 

 

新規レイヤーを作り加算(発行)モードにして、とどめに右上にハイライトを入れましょう。透明度を80%

ぐらいにしてようやく完成です。

 

 



 

まとめ

 

今回は僕が実際にやっている目の塗り方を紹介しました。ただこの記事の最初の方にも説明しましたが、

こういった創作物には正解がありません。僕のやり方が参考になりそうだなと思うのであればぜひ参考にしてください。

逆にあんまり参考にならなそうであれば他の人の塗り方を参考にしてください。

 

ただ1つ言えることは塗り方など全く分からない内は色々な人のやり方を真似たほうが確実にいいです。

感覚がなんとなく掴めるまでは思い込みで描いたり塗ったりするのは成長の妨げになるので僕の参考にするなり

他の人を参考にしたりするのおすすめします。

 

自分で描いた線画などがあるならその線画を使ってぜひこの記事のやり方を真似て練習してみてください。

もし線画がないなら僕の線画を使って練習してみてはどうでしょうか?

僕の線画を使うときは自作発言さえしなければ全然使ってくれても大丈夫です。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.