幸せな人生と日本を良くするためにも炎上系ブログや動画は見るな!

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

最近よくtwitterとかニュースサイトとかで不幸な事件がありますよね。

例えば芸能人が闇営業や不倫とかしてたり、老人の方が車の運転ミスで人を亡くならせてしまうような

悲しい不幸な事件があると思うのですが、この記事で言いたいことの結論を言わしてもらうと

これからの日本の未来のためにも自分のためにもそういった不幸な

事件はできるだけ目にしないほうがいいです。

 



 

なぜ炎上系のブログやニュース、動画は見ないほうが良いのか

 

まず最初に知ってほしいのが、日本という国は面積が小さく少ない資源の中、技術力つまりクリエイ

ティブなことで生き残ってきた国です。クリエティブなことをするということは新しいサービスや商

品、みんなに役立つものを提供しようとしたのに、ネガティブ大好物人間が溢れかえるとそういった

クリエイティブに対して攻撃的な評価しかされないんですよ。いくらクリエイティブしても攻撃しか

されないんじゃ誰もクリエイティブしなくなります。そうなるとクリエイティブで生き残ってきた日

本の特色がなくなり日本は終わります。

 

なぜニュースサイトとかで不幸な事件が多いかというと、そういった炎上系ブログや動画って儲かる

率が高いし、人間ってネガティブなことに対してポジティブの7倍反応が高いのです。つまりアクセ

スが高まり儲かるという仕組みなのですが、これって目先の利益にとらわれすぎでこんなネガティブ

に普段から触れていればいずれ日本の一番の技術のクリエイティブを潰すことになります。炎上系の

出来事が好きでよく炎上系ブログやニュースを見る人やそういうのをコレクションしたりする人は日

本を潰そうとしてることを自覚してください。

 

まずこういったネガティブが大好物な人があふれかえると、いざ自分が何か起業しようとしたり、新

しいことをチャレンジするときにあなたの周りの人らが絶対に足引っ張ってきます。なぜなら人間て

いうのは同じ性質の人と集団になるという傾向がありましてネガティブが大好物な人の周りにはネガ

ティブが大好物な人が集まります。ネガティブな周りの人らはあなたが今までにないことしようとし

たときに、「同類じゃなくなったぞこいつ!潰せ!足を引っ張れ!」みたいな感じで邪魔してきます

。そんな人らと仲良くしたいならどうぞネガティブ大好きになってください。

 

「具体定期にネガティブ大好きな人ってどういう人?」についてのたとえ話↓

学生時代、もしくは現役で学生さんの人なら分かるはずですが英語の授業で、英語の文章を発音して

くださいって先生に指名されて一生懸命英語のイントネーションを意識しながらしゃべってるクラス

メイトをバカにしているやべーやついませんでした?そういう人らがネガティブ大好物人間です。

 

 

ネガティブが大好物になるとどうなる?

 

炎上系の情報を大好きすぎる人ってネガティブな情報を見つけるのが上手くなります。これ能力です。

ポジティブなことを普段から感じたり見てる人は日常生活でポジティブなことを見つけやすくなりま

す。逆にネガティブなこと普段から見たり感じていると日常生活で不幸なことを見つけやすくなりま

す。

 

 

不幸に敏感になるので、その人の知識の中で不幸なことでいっぱいになり「人生はなんて不幸なんだ

!」感覚に付きまとわれます。そしてこの敏感になる=能力、つまりやればやるほど上手になる=ネ

ガティブ情報がもっともっと知識として入ってくるんですよね。そうすると絶対に自分に後々色々な

つけがまわってきます。例えば↓↓↓

・人生不幸になります。不幸な知識しかないから

・家族に迷惑が掛かります。人生不幸=警察にお縄されるようなことを絶対やるもしくはそれに近い

ことするからです。

・死ぬ間際に自分の人生を振り返った時に、とんでもない後悔や後悔、さらに後悔した後にまた後悔

します。

こういう目先の金にとらわれて「不幸な人生だった!!」を送りたいならどうぞネガティブなニュー

スやブログを見てください。

 

僕は人生を幸せに生きて楽しく生きるという考えで生きているので不幸なニュースとか炎上系を取り

扱ってるブログは絶対に見ません。今このブログを見ているあなたも僕と同じような考えもしくは、

ここまでの内容を見て考えを改めてくれると僕はとてもうれしいです^^

 

 

じゃあどうやって生活していけばいいか?

 

まあ散々ここまでネガティブを否定してきましたが、人間っていうのはどうしてもネガティブなこと

を言ったり気になったりする生き物です。というか人間ネガティブ感情がないと人類とっくに滅びて

るぐらい必須なものなんですけど、大事なのは比率でポジティブとネガティブの比率が大事です。

 

 

友人同士の関係を保つための比率は?

ポジティブ3に対してネガティブ1が人間関係が壊れない比率です。

例えば友人に対して「この友人君、服センスださいから僕が良い服を教えてあげたいな」みたいなこ

と、つまり友人は怒らせてしまうけどその友人のためになるようことを1個言ったら3個友人のいい

ところをほめてあげるのが友好関係を継続するコツです。

 

恋愛関係は夫婦関係の場合の比率は?

ポジティブ5に対してネガティブ1の比率が関係を壊さない比率です。

友人関係と比べるとポジティブの頻度を上げないといけません。ただしどうしても褒めてばかりいる

とどうしても褒めのネタ切れが起きますよね。そういう時は相手の興味の引くことを質問してくださ

い。例えば今日の予定を聞いたり、最近のマイブームを聞いたり、好きな食べ物を聞いてあげて「じ

ゃあ今度パスタ(好きな食べ物がパスタの場合)のお店いこか~」みたいな会話をしてあげると良い

です。もし相手がのどを乾いてそうなら「お茶飲む~?」という気づかいでも大丈夫です。

 

「おや?ネガティブ1だったらネガティブを0にすればいいんじゃね?」って話なんですが、この比

率はあまりよくなくて本性が見えない人間になってしまいます。嘘くさい人間に見えます。本性が見

えない嘘くさい人間って信用できますか?という話です。それと友人と話しててグサッて刺さるよう

な発言ありますよね。このグサッて刺さるよう話題をがあるほうが人間関係が続くと言われています。

 

「そんなこと言ったら関係壊れるよ~」っていう人はその程度で壊れる人間関係なら切ったほうがい

いです。そんな人よりも少しのネガティブを許してくれる素敵な友人を探すこと、もしくは少しのネ

ガティブ言ってもいいと思われる人間になることをおすすめします。どうやったら少しのネガティブ

を言っても許してくれる人間になれるかというと→3(5):1=ポジティブ:ネガティブの比率を自

分が実行すれば大丈夫です。

 

余談ですけどネガティブ0だと人間は今生存していません。例えば昔の狩りをしていたころの人類

が未知のジャングルに入ろうとしたときに、「猛獣に食われそう・・・」っていうネガティブ感情

がなければジャングルに不用心に入って即お陀仏です。未知の果物を見つけた時とかはまず未知な

ので毒があるのかなどのネガティブ感情が湧かないと毒だった場合またお陀仏です。なのでネガテ

ィブ感情はそもそも生き物すべてに持っています。だからってネガティブに染まりますぎるとよく

なく、ポジティブとネガティブの丁度いい比率を保つのが重要です。

 

まとめ

 

・ネガティブな炎上系などをのニュースや記事や動画を見続けると、必ず自分自身がそういったネ

ガティブなことが大好きな人間になります。

 

・ネガティブ大好き人間になるとネガティブを見つけるのが上手くなり、自分の知識が不幸な知識

で溢れかえります。不幸なことしか知らないので人生不幸と感じやすくなります。

 

・こういった人たちは新しいことや目立つものが嫌いで、クリエイティブなことや新しいことに挑

戦する人の足を引っ張ります。そしてそういう人であふれかえると日本がせっかくクリエイティブ

なことで生き残ってきたのにそのクリエイティブを潰すことになります。つまり日本つぶれます。

 

・でも生き物というのは必ずネガティブ感情を持っています。

・大事なのは比率で、友人関係なら3:1=ポジティブ:ネガティブが良好な関係です。

恋人や夫婦関係なら5:1=ポジティブ:ネガティブの比率が丁度良い感じです。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2019 All Rights Reserved.