イラスト上達するために

イラストのポーズや構図が思いつかない時の対処法

2018/10/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

何にも!! させたいポーズや構図が思いつかない!!多分絵描きしてる中でこれは避けては通れない壁ですよね。

僕もこの現象でよく悩まされます。その時の僕なりの対処法を教えていきたいと思います。

 

なぜポーズや構図思いつかなくなるのか

 

結論から言うと・・・そもそも引き出し(絵に起こすための知識や記憶など)が少ないからです。

 

年齢が低ければ低いほど培ってきた引き出しが少ないためなかなか自分の描きたいものが思いつきにくいです。

逆に年齢が高ければ高いほど人生経験が豊富になってるはずなので色々な想像ができるわけで、そこから描きたいものが

思いつきやすいということです。この引き出しを多くするためにはとりあえず色々見たり、経験、感じたりすることが

大切です。

 

別のパターンもあります。描きたいものは思いついているのだけど、自分画力が低いせいで描きたいものを描けない

状態です。このパターンはもうひたすら色々描いて画力を上げましょう!

 

スポンサーリンク

 

他人のイラスト、作品を見る

 

もう何考えてもどういう風に考えても思いつかない時はいくら考えても思いつきません。なので

他人の絵を見てみましょう

 

「なぜ他人の絵や作品を見るの?」

自分だけの脳では短時間で思いつくアイデアには限界があります。

 

そこで他人の絵を見たときに、

「すごいなーこのアングル」とか「このミツバチの擬人化かわいすぎい~!」とか「目の描き方独特だなー」など・・・

その他色々こういう刺激を受けて新しいアイデアが浮かぶことがあります。

 

 

この時少し意識してほしいことがあって

「この絵はどういう考えでこのアングルにしたのか?」や「この擬人化の服はどういう考えで作ったのかな?」とか

自分なりに解釈してみください。その考えが自分の絵に新しい方向性を見出してくれることもあります。

 

他人の作品を見てみましょう

 

「作品て具体的に何を指すの?」アニメ、アニメーション、ゲーム、WEBサイト、絵、映画、ロボットとか

などなどとりあえず作品の種類はいっぱいあります。

 

僕の場合はよくアニメの中のかっこいいアニメーション(例、剣を構えるとか)からイラストにするときがよくあります。

ロボットの絵を描きたいなら実際のロボットをみたりとか、普段何気なくやってるゲームとか普段何気なく見てるアニメ

とかでも意識してみると自分の絵の参考にできるはずです。

 

コスプレイヤーさんの写真を参考にする

 

コスプレイヤーさんの写真って見栄えをよくするため色々工夫がされています。

光の量とかアングルは上から?下から?などなど

試しにJKのコスプレ?からイラストに起こします。

 

 

顔と体のあたりを取りました。

 

 

元がjkということで東方projectのうどんげというキャラで下書きしました。(服装が似てるだけでうどんげは

JKじゃないです)

このときに余白に元写真から重要となる部分を簡単にメモしておけばいちいち元写真をと見比べなくてすみます。

 

 

ポーズが簡単で単純すぎたので修正しつつうさぎの人形を持ってるうどんげというのはどうでしょう・・・

・・・あんまり納得いきませんでしたwなので塗りはいかずに没です。

 

 

でもコスプレからイラストに起こすのは結構有効だと思います。

描いている最中に元写真と見比べてみると案外人体のバランスがおかしいというのが分かりやすいですし、

服の質感や影の付き方しわの付き方が写真を見るとわかるのでおすすめです。

 

ファッション写真を参考にする

 

絵描きの描き始めの人って制服描く人多いと思います。なぜ制服を多いのか?制服を目にする機会が

圧倒的に多いからなんですよ。

 

学生の時間って少なくはありませんよね。学生の間って女子は制服着てるでしょ?だから絵描き

初心者は制服描く人が多いのです。

 

なので制服以外にも描くために私服をみたい!!女の子に「絵の参考にするからじっくり!! 

私服を見させてくれ!!」まあこんなん言ったらよほど仲が良くなければ大概はきっしょと言われ断れる

のがオチです。

 

なので

ファッション雑誌やネットでファッション画像検索

などで自分が「あ、これ好き」というのを探しましょう。

 

 

僕はこれ好き髪なびかせてるのが好きです。なのでこれをイラスト化します。

 

 

顔、方、肘、手、胸のラインにあたりつけます。

 

 

 

下書きします

 

 

 

 

修正しつつ線画描いてみました。あ、好きなので塗ります。

 

 

元写真と見比べると多少変わっている部分があるかもしれませんがなんとかイラスト化できました。

途中で「あ、この服装だと草原にいそう」という妄想がでてきたので配色を青と緑にしてみました。

※この記事はポーズや構図が思いつかないという記事なので塗り工程は省きます

 

 

こんな感じでファッション雑誌を参考にすることで描く練習になりますし、自分の絵のレパートリーを増やせるので

ファッション写真→イラスト化はおすすめできます。

 

まとめ

 

ポーズや構図がなんにも思いつかないときは

・他人の絵や作品を見て参考にしましょう。

・コスプレイヤーさん(2.5次元)は参考になる。

・ファッション系も参考になる。

 

画像検索などでもしっくりくる画像が見つからないときの対策記事はこちら→イラストの構図など参考になるものは日常の中にたくさんある

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.