イラスト上達するために

ツイッターで東方projectワンドロして分かった4つのこと

2019/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

最近絵を描かなさ過ぎてそろそろ何か描きたいなーと思ってた時、ツイッターの東方1時間深夜の真

剣お絵かき勝負の存在を思い出しました。この存在を略称すると東方ワンドロって言います。

久しぶりにやってみるか~ということで、1週間ほど続け計7枚のイラストを描いて分かった?4つの

こと↓

描くのが速くなる・描くのが雑になる・評価される基準がよくわからない・明らかな絶対強者がいる

この4つについて今回はお話したいと思います。

 

 

東方深夜の真剣お絵かき60分一本勝負(東方ワンドロ)とは

 

ツイッターのアカウント検索で深夜の真剣お絵かき60分一本勝負といったワードで検索するとお題を

毎日発表してくれるアカウントがでてきます。そのアカウントのプロフィールを見るとルールが書いて

あります。この東方ワンドロ(略称)のルールを説明すると・・・

・22時~23時の一時間でイラストを仕上げる(1時間で仕上げればいいのでいつ描くかは自由)

・事前にお題が発表されるのでそのお題に沿う(お題=キャラ、霊夢とか魔理沙とか)

・指定されているハッシュタグをつける=「#深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」をツイートに付ける

 

そんなに難しいルールじゃないしやろうと思えばツイッターのアカウント持ってる人なら誰でもすぐ

に参加することができます。

 

東方ワンドロを一週間続けてわかった4つのこと

 

描くのが速くなる(メリット)

 

ワンドロに挑戦してすぐにわかったことなのですが、

とりあえず時間が足りない!!ってなります。

普段からクヲリティーだけじゃなくスピードも求められているプロイラストレータとかならワンドロ

問題なくできそうですが、僕みたいに趣味に近い形で普段からスピードを意識して描いてない人にと

っては時間が足りないです。

 

でも人間って慣れる生き物で初日では1時間こえて15分延長して描いた僕ですが4日目以降ぐらい

になるとなんとか1時間ギリギリに描き終えるぐらいには描けるようにはなりました。

 

描くのが雑になる(デメリット)

 

今の自分が持ってる技量で1時間以内で描かないといけないからどうしても雑になってしまいます。

僕のイメージを↓のようにあらわしてみました。

 

右上のエリアの「早く描く」「クヲリティー高」が一番の理想です。ここに到達できればいいの

ですがこれがまた難しい・・・。僕みたいに普段からスピードを意識していない人は

左上のエリア「早く描く」「クヲリティー低」に無意識になっちゃいます。

 

そしてワンドロを一週間でやめた理由なのですが7日目であることを僕は悟ったのです。

「早く描くためにクヲリティー低を普段から描いてたらこれから本気で絵描くときにクヲリティ

ー低が自然と出てしまうのでは?」

じゃあ早く描いたうえでクヲリティー高に持っていけばいいじゃん!って思うかもしれませんが

この理想の右上にいくためには多分今の僕では無理です。右上の理想のエリアは恐らくイラスト

描くのが・とても上手・とてもクヲリティーが高い・何年、下手したら何十年描いてる人がたど

り着く領域だとワンドロして思ったからです。なので僕は今の段階でやりすぎると悪い癖がつき

そうなので1週間でワンドロをやめました。

 

評価される基準がよくわからない

 

僕がワンドロで描いた2枚のイラストを比べてみます。

 

左はぬえというキャラで右は董子(すみれこ)というキャラです。

僕的には左の方がかわいくて好きなのですが、ツイッターでいいねとRTの数を比較してみると

右の董子のほうが断然多いんですよ。

結論:自分から見た評価とみんなが見た評価には違いがあるので思い通りの評価にはいかない!

そのときの運とか仲の良いフォロワーがいるかどうかも関わってくると思うのでそこらへんも

考慮すると余計自分の思い通りの評価にならないでしょうね。

 

絶対プロだろ!または1時間じゃなく10時間かけただろ!っていう人がいる

 

「早く描く」「クヲリティー高」が余裕で出来るレベルの人類です。無理です、勝てないです。

と思わさせられる人がちょくちょくいます。なんで1時間ですごいレベルのイラストが描ける

というと、単純にずっと描き続けてプロレベルの絵師か、もしくは本当に10時間かけたか

のどっちかです。10時間かけてるっていうのは冗談ですが1時間以内で描くなんてルールを

守らずに描いている人もいるという風のうわさを聞きました・・・ワンドロの意味わかってる?

って感じです。プロレベルの人だった場合はまず今の僕では勝てないです。絶対に。

 

まとめ

 

早く描く練習がしたいならワンドロはおすすめです!ワンドロに参加したい方はツイッター

のアカウント検索でワンドロアカウントを探してみましょう。

「深夜の真剣お絵描き60分一本勝負」という単語で検索するとお題発表してるアカウントが

でます。ちなみにさっきワンドロについて調べてみると

東方ワンドロ以外にも艦これワンドロとかプリキュアワンドロとかも存在するらしいです。

自分で描きたいワンドロがあるならそれに参加してもいいと思います。ただしワンドロを

やりすぎると雑に描くという癖がつく可能性があるのでやりすぎはおすすめしません。

 

 

ケイへのお問い合わせ

 

もっと詳しく話を聞きたいとか質問などがある方はこちらから僕にメールを

送ってください

とりあえずケイに相談してみる

 

もしくはtwitterのほうで@okeki_of_touhoって検索してくだされば僕のアカウント

ポヨッペがでてきます。そちらのほうに相談してくださっても大丈夫です。最後まで

ブログを読んでくださりありがとうございました。

 

・・・ちなみにこの記事のサムネの画像に含まれているイラストすべて僕がワンドロで

描いたやつです。興味ある方は僕のツイッターまでいくと見れるので良ければ見てい

ってね

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2019 All Rights Reserved.