イラスト上達するために

【介護のバイト】老人ホームで実際に働いて思った感想

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

最近まで短期アルバイト(2カ月)として老人ホームで働いていました。学校とか作品作りとかこのブ

ログも続けたいという思いもあったため週3日夕方~夜の3時間という割と少なめで働きました。そん

な少ない時間の中でも老人ホームの実態というのがなんとなくですが分かったので話していこうと思い

ます。

 

 

介護バイトで実際にやった業務内容

 

僕は短期で尚且つ夕方~夜の3時間だけの就業なので全ての業務をやったわけではないのですがこんな

ことをやりました。

 

・老人たちを食事の部屋に誘導する

この誘導するときは車いすを押したり、歩きを補助してくれる補助道具みたいなのを使って一緒に歩い

て行ったり、あと普通に歩けて食事する部屋に行ってくれたり老人もいるのですが認知症のためまたど

っかにいっちゃうことがよくあるのでそれを止めたりしました。

 

・食事を食べさせる

食事が一人ではできない人がいるのでそのできない人に食べ物を口の中に運んで食べさせるかんじです

ね。最初はどうやって食べさせればいいのかあたふたしましたがコツさえつかめば難しくないですね。

彼女ができてあーんしてあげた時には「食べさすの上手だね♡」て言われる自信があります・・・はい

 

・トイレに行きたいっていうの無限に言ってくる老人の話し相手

2分前ぐらいにトイレに行ったばかりなのに「トイレ行きたい~漏れちゃう!」みたいなのを永遠に繰

り返す系のあれです。でもありがたいことにその老人さんは折り紙で鶴が折れる人なので折り紙を渡し

て鶴を折らしていました。その鶴と話相手の僕でトイレに行くの押さえるという役割です。その老人さ

んは一人でトイレに行くと転んでけがをする可能性があるので一人で勝手にトイレに行かせないように

してました。

 

・老人さんを達を寝室に運んで寝かせる

↑に書いてある三つの内容が3時間の間でやる就業内容ですがたまに老人を寝かせることもしてまし

た。これは結構力仕事ですね。やっぱり人間の体重はどんなに軽い人でも持とうとするととても重い

ので疲れます。

 

ほかにも業務はやりましたけど2カ月という短期の中では食事誘導、食事介護、話し相手の3つをメ

インで業務させてもらったためそれ以外の業務は大きくは関わらなかったです。

 

 

老人ホームの介護のバイトで感じた5つの感想

 

会話自体は普通にできる人が多い

 

僕の勝手なイメージなのですが老人ホームにいる老人たちのほとんどは会話のキャッチボールが難し

い人ばかりだと勝手に思ってたのですが結構違いました。ほとんどの人は会話のキャッチボールがで

きる人ばかりでした。そもそも会話キャッチボールできない人って喋ること自体が難しい身体障害を

持ってる人達が会話できない人たちです。この身体障害の場合は会話できないのは仕方ないという感

じなのですがそれでも何か話しかけたりすると頭を縦にふって頷くというのはできたりしました。

そう考えると言葉が話せなくても行動でコミュニケーションができるものなんだと実感することがで

きるんだなと思いました。

 

なんで老人ホームにいるのってぐらい健康な人がごく少数いる

 

本当になんで老人ホームにいるんですか?っていうぐらい健康な老人もいました。びっくりしました。

衝撃でした。そういった老人たちに「なんでこの施設にいるんですか?」と疑問を投げるとどうやら

家庭的な事情があるみたいでした。詳しいことはプライバシーのあれで話せませんがそういう人も老

人ホームにいるんだと知りました。こういった事情というのはやはり直接話とか聞かないと分からな

いことなので自分の視野が一歩広がることができました。

 

7割ぐらいの老人はその施設で楽しく過ごしている

 

色々な老人の人たちと話をさせてもらいました。その中の話題で僕が「この施設で暮らすのは楽しい

ですか?」という質問を投げかけました。まあ大体の人が「楽しいよ!」という答えが返ってきまし

た。ただここら辺は職員の人たちが優しいということも関係あるかもです。他の老人ホームでこの質

問したときに果たして同じ答えが返ってくるのか?は謎ですね。

 

ちなみに残りの3割は認知症とかで「なんで私はここにいるの?」とか「家に早く返して!」という

思考をずっとしている人たちのことです。脳にバグが発生するとこんな感じになるんだなと思いまし

た。怖いです・・・

 

意外と職員同士でのギスギス感はなかった

 

実は僕の知り合いが僕とは別のところですが老人ホームに働いていて「俺んところ職員同士ですごい

仲悪いよ!!」というのを聞いてたので僕も面接で受かってからそれを聞いたので不安だったんです

けど僕のところは違いました。みんなそれぞれ仕事に対して協力的で老人に対しても優しくふれあっ

てあげてて僕はそれを見て良い意味で衝撃でした。最近のニュースとかで老人に対して暴力したとか

のニュースがよくあるのでそんなケースは本当にわずかなものなんだと感じました。

 

ただやはり別に職員たちは全員がマザーテレサみたいに聖母慈愛の象徴みたいになれる訳じゃなくス

トレス多少は感じるようです。僕ももちろん多少ストレスは感じました。でもそこで職員の人たちは

「マイナス思考にならずいったん冷静になって接してあげる」などを意識しているみたいでとても人

間性が高い人たちだと思いました。僕もこれからの人生でマイナス思考になった時は落ち着いて物事

を解決できるようにしようと思います。

 

自分ひとりでなんでもできるのはありがたいことで、この世界は奇跡で溢れている!!

 

もちろん中にはまだ一人で食事できたりトイレもひとりで行けたりする老人はいるのですが、半分ぐ

らいはそういったことが一人でできないような人たちでした。僕らが普段平気で行えているようなこ

と、例えばPCでゲームできたり、一人で布団をかぶって一人で朝起きて顔洗える、一人で歩ける、

一人でご飯が食べれるといったことって実は当たり前のようで当たり前ではなくとてもありがたいこ

となのです。一人で何でもできることって実は奇跡なんです。

 

そういったことを考えると今こうして地球が存在し、重力があり、生き物が存在し、人間が誕生し、

その人間が今現在まで滅びず今の僕たちが存在する!!!!世の中っていうのは奇跡で溢れている!

僕たちは奇跡の積み重ねで今が誕生しているんだな!!的なのを悟りました。今ある命、身体、奇

跡の積み重ねでできているこの世界に感謝して生きていきましょう!(笑)

 

まとめ

 

今回老人ホームのバイトを短期ではありますが働かしてもらって色んなことに気づくことができまし

た。働く前のイメージとか働き始めてからそのイメージが案外そうでもないといったことにも気づけ

ましたし、絶対には働いてみないと分からないことも知ることができました。この老人ホームのバイ

トで僕自身の考え方や認識がかなり大きく広がったことに感謝し、給料以外にも得られるものがあり

ました。もしあなたも介護という仕事に興味があるのであれば一度は手を出して良いと思います。き

っと色々感じることもあれば考えさせられるものがあると思います!

 

ケイへのお問い合わせ

 

もっと詳しく話を聞きたいとか質問などがある方はこちらから僕にメールを

送ってください

とりあえずケイに相談してみる

 

もしくはtwitterのほうで@okeki_of_touhoって検索してくだされば僕のアカウント

ポヨッペがでてきます。そちらのほうに相談してくださっても大丈夫です。最後まで

ブログを読んでくださりありがとうございました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2019 All Rights Reserved.