イラストの線画を綺麗に描く方法と描いた後もっと綺麗魅せる方法

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

今回の記事では下書きから線画にする際のコツや意識することプラス!

その線画を描いた後にさらにおおお!って思わされる綺麗な線画の仕上げ方を話していこうと思いま

す。

 



 

綺麗な線の描き方

 

一回でできるだけ長い線を引く

 

恐らくgoogle様で「線画 きれい」検索すると大体のページに1回でできるだけ長い線を引きましょ

う、という内容がほとんどのページに出ます。

はい!実際その通りです。線を一番きれいに描く方法の理想は1発で線を引くことというのは恐らく

間違いないと思います。↑の画像を見てくだされば明らかに一回で描いた線のほうが綺麗ですね!

ただしこれに関してはっきり言いますとこのやり方は、描こうとしている線が長い時は難易度がく

っっっっそ高いです!!!プロの方でも難しいと感じています。なのでなので↓↓

 

一回で長い線を描くのは鬼むずいので複数回に分けて長い線を引く

 

長い線というのは具体的にどれくらいのかというと、

 

 

 

悪魔で長い線の中の1例なのでサンプルと書いてます。↑の画像を見てくだされば「ここから」

「ここまで」らいの2点を繋ごうとするなら、これは長い線の分類で1回で描くのは難しいレ

ベルだと思います。なのでなので↓↓↓

 

 

 

僕なら2回に分けて線を引きます。①の線と②の線が下書きに合わせて描くようにしますね。

 

ただ複数回に分けて線を描くとどうしても線同士をくっつけないとってなるのですが、この

くっつけるコツというのは僕が昔に書いたこちらの記事→「綺麗な線の練習方法」の真ん

中ぐらいに書いているので参考にしてください。↑のページにクリックもしくはタップする

と、ちょっとタイトルがこの記事と被っていますが内容は線の練習方法なんで見ても損はな

いはずです。

 

 

手振れ補正を自分に合った数字を

 

 

ペンのツールプロパティを見ると「手振れ補正」という項目があります。↑の画像を見ると

手振れ補正0で描いた〇はくっそきたないですけど手振れ補正20で描いた〇はきれいです。

20という数字はなんで?=僕が線を描きやすい手振れ補正の数値です。人によって違うの

で自分にちょうど合う数値を探してください。

 

Ctrl+Zを使いまくろう

 

「あ!線を描くの失敗した!!??」っていうときにCtrl+Zを使って1ステップ時を戻して

くれます。時を戻して自分の納得のいく線を描けるまで頑張りましょう!

 

たまーに「Ctrl+Z使うのは卑怯だ!!」っていう人いますけど無視してください。

そういう人は一生アナログ描いといてねって感じなんで。というかデジタルソフトを使っ

てて「Ctrl+Z」を使わない=超掘れるツルハシが目の前にあるのに素手で鉱石を掘ろうと

してる愚行と一緒です。

 

 

描きやすい方向を見つける

 

基本は上から下が描くのが描きやすいです。なのでキャンパス自体を回したりして描きたい

線が上から下にら引くようにしてください。

 

ちなみに僕はキャンパスは一切回さずに描く人なので正直ここら辺のやり方は人それぞれだ

と思います。

 

難しいそうなところはレイヤーを分ける

 

例えば顔のパーツを描いてその上に髪の毛を描いたりすると、後々顔のパーツと髪が重なっ

て消しゴムで細かい消そうとするとすごくめんどくさいです。なので僕の場合だと顔の線画

と髪の線画はいつもわけて作業します。そうした方が髪の毛だけ消したいと思った時に顔の

線画を間違って消すことがないからです。

 

力を抜いて勢いにまかせてシャっと

 

自分が授業とかで持つペンのような感じで良いです。力を抜いて勢いにまかせてシャッ!!

てやる感じで線を引くと良い感じになります。

↑の画像見ると明らかに勢いに任せてシャッて描いたほうがきれいですね。

 

下書きを用意する

 

多分ほとんどの人は下書きを描いてから描いていると思いますが、もし下書きなしで線画上

手く描けないっていう人は下書きありで練習してみてください。

 

一応下書きなしでも線画は描けるっちゃ描けるのですが、やはりどうしても体のバランス

が汚くなったり線がちょっと汚くなってしまいます。(経験談)

でも恐らく神絵師レベルの人なら恐らく下書きなしでも線画は描ける方はいると思います。

 



 

線画を描けたあとはさらに綺麗に魅せる1ポイント

 

この記事で紹介した意識することやコツを意識して出来上がった線画が↑の線画です。

これでも十分線画としてOKですがここからさらに綺麗に魅せれて!立体感(影の感じ)を

表現できる1ポイントを紹介します。

 

 

 

 

光源を今回は左上に設定します。光源があるということは影ができますよね?この影を加筆

することが今回伝えたいことです。

 

 

 

↑の画像の様に光源の反対側の線に影となる太めの線を描きます。この作業を、顔、髪、

首、服、体のすべての線に影を描きこんでいきます。

 

 

 

↑で加筆ありとなしを見てくださると分かりやすいと思います。ありのほうが線にメリハ

リがあり影を描くことにより光源の位置がなんとなくわかると思います。

 

この加筆をすることによるメリットは、線画自体を綺麗にできるのと、線画の時点で影を

付けることで塗りをするときにそれを目印にして影が塗りやすかったり、バケツで塗りを

したときに1ドット単位の塗り残しが減るという利点があります。

 

 

まとめ

 

・1回でできるだけ長い線で描くのが理想

・でも悪魔で理想。長い線を一発描きは難しいから複数回に分けて描こう!!

・線同士を繋げる時のコツは前に僕が描いたこのページから→「綺麗な線の練習方法」

・手振れ補正で自分に合った数値を見つけましょう!

・Ctrl+Zでワンステップ戻り、上手く描けるまで粘ろう!

・描きやすい方向を見つけよう!基本は上から下にかけて描くのが描きやすいです。

・難しいところはレイヤー分けてして(例:顔と髪)描こう!

・線を引くときは力を抜いて勢いに任せてシャッと

・下書きはやっぱりないとあるとじゃ線画の出来はどうしても差が出るので下書きは用意

しよう!

 

これらを踏まえて線画が完成したら、さらにそこから光源の位置を決めて光源の反対側の

線が太くなるように加筆しよう!

 



この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2019 All Rights Reserved.