イラスト上達するために

専門学校を選ぶときに後悔しないための7つのポイント

2018/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

「高いお金を払って後悔はしたくない!!」

「どの専門学校がいいの?」

というあなたにこの記事は参考になれれば幸いです。

 

 

高校3年の時に進路相談室という部屋で専門学校の資料を漁ったりしたり、

やっぱり専門学校には行かずに就職とかー、大学とかー、もう死ぬほどに悩みました!

まあそこからなんだかんだあって・・・・

現在僕は大阪のある専門学校で入学してから一年の時間(現在2年生)が経ちました。この実体験を元に

現在の専門学校を決めたときの7つのポイントを書いていき参考になればなと思います。

 

 

学びたい分野を具体的に決める

専門学校という名前の訳ですからその分野の授業、もしくはその分野の基礎を構築するための授業や実習を行うのが専門学校です。

例えばですが「ゲームの仕事に就きたいなー」とか考えていた場合、

普通はゲームの専門学校に行くのが正しいのですが、そこであえて建築の専門学校!!とか選ばないですよね?

 

もしこの段階で「え~まだ行きたい分野決まってないわー」と感じた人は一度自分の中でものすごくはまったこととか

興味の持った分野でもいいですので深く掘り下げてみてください。

その掘り下げたときにこの分野の専門学校いってみたいと思ったらまたその時に専門学校について調べてみてください。

興味ない分野の専門学校とか行っても時間の無駄ですので自分のやりたいこと見つけください^^

 

認可校かどうかをチェックしましょう!

世の中の専門学校には認可校無認可校の2種類が存在しています。

 

認可校を説明しますと、学校教育法上の認可を道府県知事から受けたのが認可校です。

考え方としてはその認可校の専門学校を卒業すればその分野の仕事でも通用しますよー

というのをイメージしてもらえたらと思います。

 

逆に無認可校っていうのは都道府県知事に認可校申請をしてない、またはその教育内容が

学校教育法に乗っ取りこれは学校じゃねえな(年間授業日数が教育法に定められてる数値に達してないとかそんな感じ)っていうのが無認可校です。

どちらが良いのかですが、認可校を選んだほうが断然いいです!!

 

認可校と無認可校との比較

・認可校は定期代の学生割引が効く ←→ 無認可校は学生割引効かない

・認可校は学歴に○○専門学校卒業!的なのが書ける ←→ 無認可校は書けない

・認可校は卒業すると称号として専門士もしくは高度専門士の学士の学位が得られる ←→ 無認可校は学士学位はもらえない

専門士は2年生大学卒業と同等、高度専門士は大学卒業と同等の扱いになる。

 

 

・認可校を二年で卒業した場合別の大学に編入可能

三年で卒業した場合大学に進学可能

四年で卒業した場合大学院に進学可能 ←→ 無認可校はそれらがない

・認可校は奨学金を借りれる ←→ 無認可校は奨学金を借りれない

 

他にもまだ認可校が有利な情報もありますが恐らくこれだけでも十分察することができますよね?

でも無認可校でも認可校レベル以上の教育をしてるところあるらしいのですが、

個人的になんで認可校になるように申請しないのと、リスクが高すぎるため無難に認可校のほうを勧めます。

認可校かどうか調べ方ですが、

こちらの文部科学省のサイトさんから認可校の一覧が見れます。

もしくは認可校かどうか調べたい学校の公式サイトを見ると認可校なら絶対そういう風に書いてあります。

 

オープンキャンパスで学校の雰囲気を感じましょう

「認可校ならどこでも大丈夫やろ楽勝やわ~」みたいな考えはやめましょう。

僕は3校の認可校のオープンキャンパスに行きました。

 

H校D校O校のゲームデザインについての体験授業を受けまして、

H校D校の体験授業では、将来のゲーム業界は3Dが多く使われることから簡単な3DCGの授業を受けさせてくれました。

分からないところがあれば在校生徒の方がここをこうしますよという指示をくれました。

 

O校は3DCGはやらずにキャラクターデザインをやりました。これはこれで大切なこと、必要なことっていうのは理解できます。

ただこの時の僕は二次創作のイラストしか描いてなくて0からキャラクターデザインをするのができない、というのを伝えました。

すると学校側の人が「ネットで服とか検索して参考にしたらいいですよ」的なこと言われました。

だからそれができないんじゃい!!

 

って心の中で怒りながらネットで画像を探してました。

ていうかネットで探してる間、先生と在校生徒がずっと就職率100%の先輩について

 

 

「○○先輩やばいよねー、まじ敵なしじゃーん」的な話をしてて、

????????????

そんな話をするならこっちを助けてくれない?って思いました。

 

 

この時O校のゲームデザイン学科は、分からないと困っている初心者はほったらしというのが分かりました。

H校D校O校は同じ認可校なのに在校生徒の態度が明らかに違いO校には行きたくないと思いました。

ということでオープンキャンパスで実際の学校に足を運び、学校の雰囲気を体で味わいましょう!!

 

就職率がいいかどうか

まず大前提としてゲーム系の専門学校に行くならゲーム業界、もしくは映像業界、広告制作業界など

実際に学んだことが活かせる業界に就職できているかどうかを確認しましょう。

 

 

ゲーム系つまりPCのスキルを身に着ける学校なのに就職した場所が食事屋さんの皿洗いとかだったら話になりませんよね?

この大前提がクリアしていることを確認したうえで就職率を見ていきます。

 

 

例えば就職率90%の学校があったとします。それすなわち100人生徒がいれば10人は就職できないということなのですが、

その10人に対して学校は努力したのかどうか質問するべきだと思います。

・一生懸命作品作りするべきの教育はしたのか?

・作品作りする際の考え方をしっかり教育できたのか?

・その人たちにスキルが他の人より圧倒的に劣っているならしっかり課題を与えたかなど

 

これらのことをしっかりと学校側は対策をしたがそもそも本人たちが全くやる気なしとかだった、

学校側は全力を尽くしたけど生徒が全く何もしないくそだった場合、就職率は90%だったけどこの90%は問題ない数字だと思います。

 

 

就職率100%の場合

しっかりと学んだことが活かせる業界に就職できたどうかを確認すればいいと思います。

恐らく100%なら生徒も先生もある程度しっかりしている人が大多数だと思います。

 

家から近いかどうか

家から遠いよりも近い方がよいと思いますが、遠いのがいいっていう人は別ですが。

 

近い方が定期代が安くなるとかの理由がありますし、電車の中って暇ですよ~

 

学費を親と相談してください

あなたご本人が学費を払うなら自分の中で考えればいいのですが、ほとんどは親から学費を払ってもらうと思います。

入学の納入金の前の日に「専門学校入るから100万くれ」とかで親と揉めないように専門学校入りたいなって思った瞬間ぐらいには

学費だけじゃありませんが行きたい分野の話とかの相談をしたほうが良いと思います。

 

またこのタイミングで奨学金とかの相談をするのが一番ベストだと思います。

 

先輩もしくは専門学校の先生もしくは卒業生に聞いてみる

ネットとかで評判を見たこととかあると思うのですが、まあ大体愚痴ばっかり嘘ばっかりで全く参考になりません。

学校に足を運んだ際に専門学校の教員の方とかに自分が専門学校に疑問に思ってることをすべて聞いてみてください。

 

もう疑問に思ってることすべて質問してみましょう!!僕は2時間ぐらいずっと質問に答えてもらってました。(感謝してます(-_-;))

 

 

さらにここで専門学校にいる先輩方から先ほど教員の方の質問で帰ってきた答えを元に本当かどうか照らし合わせると確実です。

さらに卒業生ならもっともっとその学校のことについてわかると思います。

先輩方から話を聞きたい場合はオープンキャンパスとかで在校生スタッフの人とかにこの学校どうですかとか聞いてみる

その専門学校の様子が見えてきます。

卒業生から聞く方法は・・・すいません思いつきません(汗)

僕の場合ありがたいことに、従弟が専門学校の卒業生なのでLINEで色々なこと聞くことができました。

 

まとめ

・行きたい分野ぐらいは具体的に決めましょう。

・認可校と無認可校をはっきり区別し特別考えがなければ認可校を選びましょう。

・オープンキャンパスで学校の実際の雰囲気を見ていきましょう。

・家から近い方が定期代が安くなるので通える範囲内かどうか。

・親と専門学校について相談しましょう。

・先輩もしくは専門学校の先生もしくは卒業生に学校の様子を聞きましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.