イラスト上達するために

専門学校に行くメリット6つ!実際に専門学校で暮らして感じたこと

2019/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

ケイです。専門学校に通って2年ちょっとが経ちます。

最近とんでもない量の課題+資格の試験勉強が重なってかなり忙しかったの

ですがようやく落ち着いてきました。

 

こんな感じで専門学校で生活をしていますが専門学校行きたいと思っているあなた!!

本当に専門学校行きたいほどその分野で仕事したいのですか?

もしここでう~んと悩んだのならこの記事で専門学校のメリットデメリット

を話していきますのでそれを見てからもう一度考えてほしいです。

 

 

専門学校行くことのメリット

 

専門学校が課題を与えてくれる

 

フェイスブック創設者「マーク・ザッカーバーグ」さんは幼少期に父親にパソコンを

紹介されそのおかげでパソコンに熱中し小学生ぐらいの時には自分で

WEBサイトを使ったサービスを作れるぐらいまで極めてしまいました。

 

実はこのWEBサイトを使ったサービス

はマークの父親が「何か人の役に立つソフトを作りなさい」という課題を与えられたのがきっかけです。

この課題のおかげでマークさんは、人の役に立つソフトを次々に制作するようになります。

そしてマークさんは大学在籍の時にFaceBookを開発しました。

 

 

このように課題というのは人が成長するうえでは必ず必要なことだと僕は思います。

専門学校ではこの課題を与えてくれます。

 

課題のお題は色々あります。僕はゲームデザイン系の学科に所属してて実際に出された課題が

 

「ゲームのオリジナルキャラのデザインを考えろ」「浮島を使った背景描いてきて」

「3DCGソフトで戦闘機をつくってこい」など出されました。実際に僕は浮島を使った

背景を描いたことによって背景イラストのコツというのを

少しつかむことができました。課題というのを通したことによって

僕の絵描きスキルが1LEVEL上達することができました。

 

 

専門学校というのは同じ志を持った人たちが集まる

 

ぶっちゃけこれが一番最大のメリットだと思います。

 

例えばあなたがゲームのデザインの仕事をしたい!! という考えを

持っていたとします。

 

その考えを持った人が小中高学校で今まで何人いましたか? 僕は一人しかいませんでした。

そうなると「ゲームのデザインの仕事がしたい」という考え自体が間違いで、

ほとんどの人が考えてる = 普通に大学に進学して一般企業に勤めるのが

正解なのではという考えになりません?

 

僕はこの考えに陥り一時期、ゲームデザインの仕事したいという夢を諦めかけた時期がありました。

 

 

まあそこからなんだかんだあって夢に向かって専門学校に進学しました。

実際にクラスのみんなと話してみると大体自分のやりたい仕事に就きたい思いで

専門学校に来てるということが分かりました。小中高学校ではそんな人今までほぼいなかったのですが

さすが専門学校やなって感じです。

 

 

同じ志をもとにした仲間と一緒にいると、例えば自分の描いたデザインって周りの

人から見たらどう思うのかな?って思ったときに席のとなり人にすぐ聞けます。

それでお互いに話しあって作品のクウオリティーを上げることができます。

 

それに何か作品作りに一生懸命になってるクラスの人を見ると自分も頑張るか! てなります。

環境が人間に与えてくれる影響というのはとても大きいと思います。

 

 

色々な人と話すことができる

 

小中高学校では恐らくクラスの人たちは同年とかがほとんどだと思います。

僕は同年の人しかいませんでした。専門学校ではもちろん同年の人もいますが、それ以外の人がたくさいます。

 

・大学を卒業してから専門学校に来た人・美大から来た人・中国とかインドネシアとかから来た外国の人

・別の専門学校から卒業してもう一回専門学校に通う人などなど

 

 

しかもこの外国の人、母国の言葉も喋れて日本語も話せるのだからすごい・・・

美大生の人とかもデッサン上手すぎ!僕のクラスは人数が40人以上もいるので

色々な人がたまたま混じっただけかもしれませんが、色々混じったクラスのおかげで年上の人の

考えとか外国の人の日本の見方とか生で聞けて自分の知識を増やすことができると思います。

 

 

今まで就職してきた先輩たちの道筋があるから就職しやすい

 

専門学校なので今まで卒業した先輩たちがいます。その先輩方が就職先で一生懸命頑張っていたら、

会社のひとが「○○専門学校の生徒またほしいな!!」ということになり専門学校に

求人を継続的に出すようになる可能性があります。

 

 

自力で就職活動すると専門学校と違ってこの道筋がないのです。まあでもだからって

その先輩たちの道筋があるから就職楽勝!!とかはないです。

自力でやる人のほうが会社で使えると判断されたらその自力でやってきてる人

を採用するのは当然だと思います。結局は自分がどう行動するかで全てが決まります。

 

 

専門学校なので専門的な内容を学べる

 

まあ当たり前っちゃ当たり前ですが、ゲームを作る専門学校ならそれ以外の内容は

一切勉強しないと思っていいです。ただしそれに関連したものなら勉強する可能性は高いです。

 

ゲーム作る系専門学校なら

・プログラミング  ・WEBデザイン  ・キャラクターデザイン

・BGM  ・アイデアの出し方、考え方など学びます。普通の大学みたいに広く浅く勉強できる

とは思わないほうがいいと思います。

 

 

実際に仕事で使われている道具やソフトを使って学ぶ

 

専門学校は在学中、実際に仕事で使われている道具やソフトを学べる環境があらかじめ

用意されています。その環境+実際の現場で働いてきた人たち(先生など)から教えによって、

専門学校を卒業した後もすぐに仕事で即戦力になるように教育させてもらうのが

専門学校だと僕は思っています。

 

 

専門学校行くことのデメリット

 

ここまでで6つほどメリットと感じる部分を書きました。 が!!

人に善意と悪意、100円玉に表と裏、世の中には必ず表裏が存在するように

専門学校にもメリットとデメリットが存在します。

僕がデメリットと感じる部分を5つほど知ってほしいと思います。

 

関係のない分野の勉強は一切しない、関係のない分野の就職はほぼ不可能

 

専門学校に入るとまじで専門的に勉強するため関係のない分野の勉強は全くしないです。

逆に大学などでは自分で好きな授業を選んで自分で受けれるのかな?

大学行ってないのでわかりませんが。この二つの違いが就職活動の時に大きく変化します。

 

 

専門学校の就職活動はもうある程度就職できる範囲が決まっています。

学校で学んできた内容の仕事しかできないと考えていいと思います。

 

その分学校で学んだ内容の仕事には就職しやすいです。

まあでもこれはデメリットでもありますがメリットでもあります。だってほら、やりたいことが

決まっててその分野以外で就職したくない人にとっては+です。

 

でも専門学校在籍中に学んでいる内容が嫌になって辞めたいと思ったとき、

もう後戻りできない可能性が大きいです。後戻りできないってことを考えると

入学前にしっかり自分の本当にやりたいことはなにか決めておくほうがいいと思います。

 

 

逆に大学生の就活は結構幅広く就職できるのではないでしょか?

実際あんまり知りませんが(汗)あれこれ選べるというのはそれは

それで自由性があっていいと思います。専門学校と違って後戻りできなくなるという状況はまずないと思います。

 

でも普通科目の大学 + 学力は普通だった場合、私生活のほうで何か努力しない限り

何も知識がない&スキルがない人がいると思います。これって就職するとき面接官の立場で

考えた場合採用するのですか? 僕はそんな人よりもほかの大学で何かしらスキル持った人を採用します。

 

スキルを持つ=何かしら努力したということですから人間性的にもスキルのない人より豊な可能性が高いはずです。

ほかの人より優れた知識でも技術があれば何もない人より優位に立てるはずです。

 

 

学費が高い!!

 

専門学校の学ぶ分野にもよるのですが、専門学校の学費は私立の大学レベルだと聞きました。

僕の学校の4年間学費は・・・

600万!!??

たかいんじゃぼけえええええええええええ!!!

 

でも中には1000万を超える学費の専門学校もあるようです。

世の中広いんやなって思いました。結論。入学前に親とじっくり、慎重にお金について相談してください。

 

 

授業は学校によってきめられていることがほとんど

 

小中高学校の時間割をどれでもいいので思い出してください。授業の時間割が学校によって

きめられていますよね。専門学校もそれと同様で時間割は学校側によって決められていると思います。

 

 

大学の場合だと時間割は自分で自由に組めるらしいです。バイトの空き時間とかに自由に組めたり、

行きたくない時間帯には授業入れず行きたいと思った時間帯に授業を入れる。みたいなことができるみたいですが

専門学校はそんな自由はないです。

 

 

技術的な格差がある

 

元からやってた人にかなうわけないよな~? イラストを例に簡単に説明すると、

5歳の頃からイラスト描いている人に2年半しかイラストを描いてない僕

その人との間には技術的なレベルの差がすさまじく大きいということです。

 

デッサンのレベルとかもやったことない僕と元美大生の間ではとても大きな差です。

 

 

こんな感じで技術的な格差が入学した1年目の段階で発生しています。

この技術的格差を埋めるためには、その技術的格差を埋めるために自分自身が

日々血を吐きながらぐらい努力するか、技術的に叶わないのならそれ以外の部分

でほかの人より特化した技術を身に着けようとする姿勢が専門学校の生活では必要だと思います。

 

 

人間性的に終わってる人間と一緒のクラスになる可能性がある

 

あなたのクラスにくっそ自己中のやべえー人間性を持った人間がくる可能性がそこそこあります。

まず専門学校って学力いらないです。金さえあれば入学できます。

 

学力がいらないということは勉強できない人が多くのなるのは必然です。

悪魔でですが、ダメな人間は学力が低い人に多い傾向あると僕は思っています。

でも悪魔で多いという傾向だけで、別に勉強できな人=ダメな人間といってるわけじゃありません。

 

 

ダメな人間とクラスが一緒にならないように祈りましょう。もうこれは運です・・・はい・・・

ちなみに僕のクラスの人たちは1人以外みんな良い人ばかりです。運がいいです。

 

やりたいと思ってる仕事がある!専門学校に行って早く学びたい人の場合

 

もしデメリットの部分を読んで「そんなもんで俺の夢は終わらせねえぞ!」というあなた。

そういう方は専門学校の資料請求で行きたい専門学校の情報を見ましょう。

もしくは公式ホームページから情報を探すのあり!

 

そしてある程度行きたい専門学校の候補が分かったのなら体験入学に絶対に行くべきです。

僕の経験談ですが、行きたい3つの専門学校が候補にあったのですが1つを除いてほかの二つが一緒のレベルという

印象が資料と公式ホームページから感じました。なので直接行きました。

 

すると1つは不親切な専門学校で、もう1つはとても親切な専門学校でした。

こんな経験があるので僕は絶対に体験入学には絶対に行ったほうがいいです。

資料請求と体験入学自体は無料ですので行ったほうが良いと思います。

 

まとめ

 

まず大学と専門学校は本質的な部分が違います。大学は色々な分野を広く浅く勉強できて

時間の自由性も確保しやすいと思います。専門学校は特定の分野だけを深く勉強し

卒業した後、実際の仕事でもすぐに通用できるように教育されています。

 

個人的な感想ですが何か将来やりたいことが決まってないのなら大学に進学していいと思います。

逆にやりたいことが決まってもないのに専門学校に進学しても恐らく、卒業する前に辞めたいと思うの

がほとんどだと思います。

 

専門学校をやめたい場合、なんにも残らないです。時間とお金を無駄にします。それだったら大学で広く

知識をつけていくほうが良いと思います。

 

こんなデメリットを知っても夢は曲げないそんな素晴らしいあなたは専門学校に

行ってもきっとうまくやっていけると思います。

でも行くべき専門学校を間違わないためにも資料請求や体験入学など絶対に行くほうがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.