正面の顔の比率を取りながら簡単に描く

2019/08/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

イラストを描くときに正面顔を描くときがあります。

正直に言うと正面顔って顔の角度の中で一番難しいと思います。

 

どうやらプロの方でも正面顔は難しいらしいです。

左右対称の目や輪郭がバランスを取るのがとても難しいからです。

この記事では僕が正面顔を描いた時の比率を意識しながら解説していこうと思います。

 



 

顔の輪郭を描く

〇と+のあたりを描きます。

 

 

図の「これ」を描きます

 

 

先ほど描いた「これ」を基準に逆のほうにも「これ」を描きます。

左右対称にするためには+のあたりの縦棒からの長さの比率を1:1にしましょう

頭の頂点は+のあたりの横棒と顎の長さを1:1の位置に頂点があります。

 

顔のパーツを描く

 

ここで顔にパーツを描いていきます。

各パーツの比率や位置は↑の画像を見れば参考になると思います。

 

・顎からまつ毛の頂点の長さ=まつ毛の頂点から頭の頂点

・目全体の縦と横の長さ=縦0、33:横0、5

・目と目の幅は0、33

・輪郭と目の幅は0,17

 

輪郭やパーツを描く際にバランスに狂いがあるかどうか簡単に分かる方法があります。

左右反転をしてみましょう。

左右反転をすることにより自分の絵を客観的に見れるようになり、

バランスが狂っていれば一目で分かります。

1パーツ描くごとに左右反転するのをおすすめします。

 

 

目と眉毛の間=鼻と口の間

瞳と瞳と鼻を繋げると逆三角形の関係になる。

 

 

髪の毛を描く

 

髪の毛を描いていきます。

髪の毛を描くときのコツは

 

 

つむじとなる点を決めます。

そのつむじを基準に上図にある

赤矢印のように勢いよく線を引くと

髪の毛らしさがでます。

 

髪のを描き方を詳しく知りたい方は初心者でも描ける髪の描き方 を参考にしてください。

 

 

最後に

今回紹介したやり方は僕のやり方なので実はもっと簡単に描けちゃう方法もあると思います。

他のブログやpixivなど見て色々参考にするのをおすすめします。

その中で僕のやり方が少しでも役に立てれば幸いです。

 



 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在大阪府に住んでいて、専門学校に通っています。 趣味はアニメ、ゲーム、イラスト制作などなど・・・ 体験談や知識を元にブログを描いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© お絵描きは生きがい , 2018 All Rights Reserved.